設置場所が重要

犯罪の抑止効果

防犯カメラ

住宅の防犯対策を強化するために効果的なのが、防犯カメラの設置です。住宅への侵入を図ろうとするものは、自分の姿が人に見られることを嫌います。犯罪のために下見にいく際には、自分の姿が見られないかどうかを必ずチェックします。防犯カメラがあれば、当然、自分の姿が見られる可能性が高まりますので、侵入の対象から外されます。侵入するなら、できるだけリスクが低い物件を選びます。その点から考えると、駐車場のように、外部から分かりやすい場所に防犯カメラを設置する方が効果があります。駐車場に取り付けることで、実際の不審者を撮影できる可能性もありますし、不審者からも防犯カメラの存在を見つけやすくなるからです。駐車場は外部に開けている分だけ、外部の映像を映しやすく、また、外部からも見られやすいのです。駐車場に防犯カメラを設置する場合には、場所に注意しなければなりません。最近では、防犯の専門家でなくても、自分で防犯カメラを設置することができます。しかし、適切な位置に取り付けなければ、抑止効果さえ発揮できません。住宅に侵入する際に、通るであろう経路を抑えておくことで侵入を諦めることになります。適切な位置に取り付けていれば、それだけでも防犯意識の高さが不審者に伝わりますので、抑止こうかが高まるのです。そのため、防犯カメラだけでなく、防犯砂利やセンサーライトなどと複合的な防犯対策をとることが不審者への抑止効果を高めることができます。

盗難を防ぐ対策法

警備員

現在の日本でも日々様々な事件が発生しており、誰でもその当事者となってしまう可能性を持っています。様々な犯罪の中でも特に身近なのが盗難ですが、その標的は家だけではなく駐車場が標的となる事も少なくないです。日本は大切な移動手段として車を所持している人も多く、そしてその車は非常に高価な所有品だと言えます。それ故に盗難の標的となってしまう事も少なくなく、また嫌がらせをするための対象となってしまう事も少なくないです。こうした駐車場での犯罪を防ぐための対策として有効なのが、防犯カメラを設置するという対策になります。防犯カメラというと家に設置するのが一般的ですが、駐車場に設置する事でも高い効果が期待出来る防犯対策となるのです。防犯カメラで犯罪の様子を記録する事はもちろんですが、それ以外にも犯罪を抑止する上で駐車場の防犯カメラは効果的だと言えます。防犯カメラが設置されているというだけで犯罪をしようとする人は警戒するので、狙われるリスクを低くする事が出来るのです。実際に駐車場に防犯カメラを設置する場合には自分で設置するのではなく、専門会社に依頼するのが望ましいと言えます。何故なら専門会社は今までの多くの経験から、どういったカメラの設置が適しているか等を判断出来るからです。また設置する位置に関しても最適な場所を見付けてくれるので、より高い効果が期待出来る設置をしてもらう事が出来ます。現在ではこうした専門会社は多く存在しているので、複数の会社を比べて信頼出来る所に依頼する事が大切です。

24時間徹底監視

駐車場

車を止めておく駐車場は、いたずらや盗難といった犯罪が起こりやすい場所として知られています。特に高級車を止めておくと犯罪グループに盗まれることも多く、思わぬ損失を被りがちです。こうした犯罪を未然に防いでくれるのが防犯カメラです。犯罪の一部始終を撮影して記録できる防犯カメラは、犯罪者が最も嫌がる防犯設備の一つと言われています。犯罪者が駐車場に侵入するのは、住民が寝静まった深夜の時間帯が一番多いとされています。犯罪者からすれば人に見られるのが一番困るだけに、人目を気にせず行動できる深夜は絶好の稼ぎどきと言えるのでしょう。そうした時間帯でも、防犯カメラを取り付けておけば犯罪者の侵入を防げます。24時間体制で駐車場を監視し続ける機械の目が設置されているため、侵入しづらくなるからです。駐車場を囲う柵に取り付けるのはもちろん、街灯のように高いところに防犯カメラを設置しておくと、犯罪者が近寄りがたい安全な地域を作り出すことができます。その場所の映像をずっと記録している防犯カメラは、犯罪が起きてしまった時にも活躍します。映像を巻き戻せば犯人の容貌や人数、手段といったものが一目りょう然だからです。犯罪を未然に防ぐのはもちろん、事後でも解決に役立つことから高い評判を得ています。導入には、防犯カメラ本体に確認用のモニター、録画用の装置などが必要です。自宅の駐車場を確認する簡単なものであれば、数万円あれは構築できます。規模が大きくなると防犯カメラの台数も増やさないといけないため、費用は20万円前後となります。