被害を未然に回避|駐車場に防犯カメラを設置するときの注意点とは

防犯効果に期待できる

トラブル時に役立つ

防犯カメラ

駐車場オーナーにとって悩ましいのが駐車場内におけるトラブルです。契約書の内容にもよりますが、原則として駐車場内におけるトラブルは本人もしくは当事者間の責任であるためオーナーに責任は生じません。しかしオーナーには駐車場内を適切に管理する責任があるので、たとえばマンホールのふたが開いていたことによって発生した車の傷などに対しては、オーナーに対しても管理責任が問われる場合があります。残念なことにこのような法律を逆手に取った偽装詐欺は全国で相次いでいます。本当は自分で車に傷をつけたにもかかわらず、あたかも駐車場の管理設備に不備があったかのように装って駐車場のオーナーに修復費用を請求する手口です。このような偽装詐欺は人目を忍んで行われるため、かりにオーナーが不審に感じたとしてもそれを立証するのはとても困難なので多くの場合は泣き寝入りとなります。しかし駐車場内に防犯カメラを設置すればこのような犯罪は防ぐことができます。かりに駐車場内でトラブルが生じたときでも、防犯カメラを設置しておけば状況をつぶさに記録しておくことができるのですぐに状況を検証することが可能です。防犯カメラには白黒カメラのほかカラーカメラや昼夜兼用カメラなどがあります。それぞれの防犯カメラにメリットがありますが、24時間利用される駐車場の場合は夜間でもしっかりと撮影できる昼夜兼用カメラを選ぶことをおすすめします。防犯カメラを死角が生じないように調整して設置すれば偽装詐欺を未然に防ぐことができるのはもちろんのこと、車上荒らしや駐車場内で発生した事故にもオーナーとしてしっかりと対応することができます。

カメラの正しい設置方法

駐車場

近年、防犯意識の高まりから各家庭で防犯カメラを設置されています。以前であれば業者の方が設置しなければならないものが多くありましたが、最近では自分で購入して設置できるものも販売されています。防犯カメラは家の中だけでなく、屋外と駐車場に設置されているところもあります。今回は、駐車場に設置するための防犯カメラについて紹介します。まず、駐車場のどこにカメラを設置するかになります。設置するにあたり、死角と呼ばれる見えない部分も撮影できる必要があります。基本的なカメラの設置は1台〜3台ぐらいになっており、駐車場全体・前後方法といったアングルで撮影することになります。防犯カメラのタイプはレンズタイプ(レンズ+本体)とドームタイプ(半円)になります。設置できる面や場所によって制限があり、仕様をよく理解しておきましょう。屋根のある家であれば問題ありませんが、雨ざらしになったり、湿気の多い地域については防水タイプのカメラを設置することをおすすめします。購入するにあたって注意したいことは、電源ケーブルになります。カメラを設置する目的で購入しますが電源の確保が最重要です。家と駐車場が隣接している場合は問題ありませんが、距離が離れている場合は業者の方に依頼し、電源を確保する必要があります。また、最近ではLANケーブル1本で電源と映像が供給される仕組みのものも販売されています。自分で防犯カメラを設置するとしても専門知識のある業者に相談することで予算内で設置ができるようになります。

家の駐車場にとめてある車を狙った盗難やいたずらといった犯罪が増える中にあって、一般家庭でも防犯カメラを駐車場に設置する方が増えています。防犯カメラを設置しておけば犯罪を抑制する効果があるだけでなく、実際に犯罪の被害にあったとしても撮影された映像を証拠として提出することもできます。しかし、設置した防犯カメラから最大限効果を得るためには、その選び方や取り付け方に注意する必要があります。まず考慮すべきなのは設置する駐車場が雨風にさらされる場所であるかという点です。駐車場が屋外であって雨風にさらされるのであれば防水仕様の防犯カメラを設置する必要があります。どうしても防水仕様でない防犯カメラを設置する場合はハウジングと呼ばれる覆いで囲って水の侵入を防ぎます。もう一つ考慮する点は設置する駐車場の明るさです。設置する場所が夜間になると街灯や月明かりの届かない真っ暗な環境になるのであれば、夜間でも撮影可能な赤外線LED付きの防犯カメラか、デイナイト機能付きの防犯カメラを設置します。赤外線LED付きの防犯カメラは周囲が暗くなると赤外線LEDが点灯して、それが届く範囲を撮影することができます。しかし、この赤外線タイプのカメラは昼夜問わず白黒での撮影しか行うことができません。一方、デイナイト機能付きの防犯カメラは昼間は赤外線カットフィルターを使用してカラー映像で、夜間は赤外線カットフィルターを使用せず白黒映像で撮影します。つまり、カメラが周囲の明るさに合わせて適切な撮影方法に切り替えてくれるということです。