被害を未然に回避|駐車場に防犯カメラを設置するときの注意点とは

前もって被害が防げる

安い価格での設置も可能

ガードマン

防犯対策として、近年多くの場所に設置され、家庭などでも導入が広がっているものとして防犯カメラがある。最近では防犯カメラの価格が大幅に下がり、さらに小型化の進展や設置の簡素化などにより様々な場所で設置されるようになっている。これらの防犯カメラを設置する場所としてあるのが駐車場であり、駐車場での防犯対策として防犯カメラの設置は有効な手段になる。駐車場では、通常時には人がいないケースが多い。その上、自動車の車内などには貴重品があるケースや、自動車に設置されているカーナビなどの設備を狙った車上荒らしなども多い。また、自動車の外からもホールを盗まれる場合やタイヤを持ち去られるケースがあるなど、駐車場における盗難の被害は多くなっている。さらに、自動車に対し落書きやいたずらをされるケースもあり、迷惑行為を受けるケースもある。これらの対策として、防犯カメラの設置が効果的である。防犯カメラを設置することで、車上荒らしなど被害を抑止する効果があるとともに、被害にあった場合には証拠として犯人探しに役立てることも可能になる。最近の防犯カメラは、安く導入できるものも多く数千円程度で設置できるカメラも増えている。設置方法も簡単に設置できる場合が多く、大掛かりな工事など不要で設置できるものもある。特に無線型の防犯カメラでは、配線工事などが不要となるため設置場所を選ばず設置でき、工事費用なども掛かることなく設置できる。

日々チェックする

防犯カメラ設置

地下駐車場をはじめ、屋外にもたくさん駐車場はあります。高級車のみならず、どんな車でも盗まれてしまっては困るものです。もちろん、傷つけられることも困ります。そこで防犯のために、防犯カメラを駐車場に設置する人が増えてきています。防犯カメラはいろいろなタイプがあるので、まず、種類を確認しましょう。当然、性能の良いものを設置した方が効率的です。それから、駐車場に設置するので首振りタイプがお勧めです。四方八方、見渡せるようにしましょう。そして、録画機能が付いているものを選びます。オフィスビルなどとは違って監視員が常に防犯カメラの映像を観ているわけにはいきません。後で録画したものをチェックすることになるのが一般的です。それから、駐車場の規模によっては数台、設置しましょう。その方が万全です。映像の映る範囲内におさまっていないこともあるからです。死角になるところに設置しましょう。大規模な駐車場の場合、各隅に設置されることが多くなっています。そして、防犯カメラの良いところは盗難だけではなく、事故の映像も録画できるところです。地下駐車場や立体駐車場などでは、スピードの出し過ぎなどによって事故が起きてしまうこともあります。そんな時の証拠にもなるので、防犯カメラの設置はいろいろと役立つのです。こうして設置された防犯カメラは、定期的に映像をチェックしましょう。できれば毎日チェックすることが望ましいものです。トラブルなどを即座に解決できます。

駐車環境のセキュリティ

駐車場

駐車場に防犯カメラを設置することは防犯性を高めることとなります。自動車のセキュリティは、近年の自動車に設定されているケースが多いですが、セキュリティ解除の技術も高くなり、巧妙な窃盗が横行しています。駐車場に防犯カメラを設置することは窃盗予防に非常に効果が高く、防犯カメラは高所に設置されるため、高角度での監視が可能となります。また、抑止という点では駐車場に防犯カメラが設置されているだけで効果を出します。ダミーの防犯カメラも抑止効果は高いですが、ダミーと分かりやすい製品(ダミーしか作っていないメーカーの製品やレンズが付いていないものなど)の場合は窃盗犯は安心して窃盗行為に至るでしょう。駐車場に防犯カメラを設置する場合は、本物の防犯カメラを製造しているメーカーが取り組む製品で、パイロットランプや本物さながらのケーブルコードやコンセントコードが付いている製品を購入しましょう。自動車窃盗をする犯人はカメラの設置場所と共にメーカーや型もリサーチ済みです。死角が出来ないように複数の場所に設置することが良いでしょう。駐車場での窃盗は車上荒らしや部品窃盗が多く、車そのものの窃盗は意外に少ないです。防犯カメラを設置することで窃盗の可能性は大幅に低くなります。犯行を起こす心理は、セキュリティレベルの低さであり、複数のセキュリティ対策を講じている駐車場では、リスクを考えて犯行に及ばない点ケースが多いです。